スーパーマリオメーカー2でコース作りの腕を磨くには?

マリオメーカー2 switch

最近、2人の息子たちと一緒に『スーパーマリオブラザーズ U デラックス』をクリアして興奮冷めやらぬ今日この頃。次はいよいよ職人となって「与えられる」側から「与える」側になる時が来たかと意気込んでいるところ。

とは言うものの、いざ作り始めるとなかなか上手く作れない。ということで作るときにハマってしまうケースと打開のヒントをまとめてみよう。

壁にぶち当たる時

前に作ったものに似てる

いくつも良いアイデアが閃いてコース上に盛り込んでいるはずなのにいざプレイしてみるとパッとしない。あれ?前に作ったやつと似てるな。となる。

この場合の問題点は直しても直しても全然改善されない蟻地獄状態になりやすいこと。別の発想に切り替えられれば良い方向に持ち直せるかも。

めちゃくちゃ簡単、または激ムズな難易度になってしまう

これでは難しすぎるかな、と慈愛の心をもって少し優しめに作っていると、なんの魅力もない、ただ右に走ってジャンプするだけのコースになったりする。

逆に「覚えて攻略しろ」と言わんばかりの死にゲー風味のコースにしたはずなのに、なんの魅力も感じなくて、さらにクリアできないコースになったりする。

想像通りのものが作れない

頭の中では完璧なロジックでアドレナリンが爆発しそうなコースが完成しているのに、いざ実際に作り始めると脳内にあったゴールデンコースが作れない。

ちょっとずつズレが出てきて、元々のアイデアも忘れだし、作りきるモチベーションがなくなる。

思考の切り替えと準備が大切

ハマってしまう時は、大体、作る内容がしっかり固まっていないか全体を把握しきれていない証拠。閃いた素晴らしいコースもずっと覚えてはいられないから書き出したりしてガッチリ固めてみると以外とすんなりと良いものが作れたりする。

アイデアを小出しにしてみる

いきなり長〜いコースを作らず、1つだけギミックを入れたショートなコースを作ってみる。そして試してみる。

良いね!となったら違うギミックを入れて少し長くしてみる。また試してみる。

大体良い長さになったら全体のリズムというかメリハリというか、いい塩梅のバランスになるようにちょっと手を入れてみる。あまり凝りすぎると結局いつものやつ感が出てしまうので控えめに。

ノートにメモ程度に書き出しておく

いいアイデアは頭の中だけに留めておくとだんだん形が変わってくる。2時間後に見ても次の日に見ても劣化しないように設計図として残しておくことは職人としての第1ステップ。ミュージシャンが鼻歌を録音するような気持ちでメモすると職人感が演出できる。

自動クリア系のコースを作ってみる

自動で進んで何も操作しないことでクリアできるコースを作ってみよう。自動進行型は簡単とか難しいとかは関係ないので、いかに面白い発想やパーツの組み合わせで魅せるかがカギとなる。

これで満足のいくコースを作れるようになれば、普通のコースを作る場合にもアイデアの引き出しが増えて楽しいコースが作れるようになること間違いなし!である。

誰かにプレイしてもらう

友人や家族など、身近な人にプレイして感想をもらうと新しい閃きがもらえたりモチベーションが上がったりすることがある。

自分で作って自分で何回もプレイしているとコースの内容がわかっているので面白く感じなかったり物足りない気がしたりするが初めてプレイする人には実はめちゃくちゃ好評というケースもある。

まとめ

モノを作るには、物凄いエネルギーが必要だ。特に今までにないものを作ろうと思ったら、失敗を繰り返し、テストを繰り返し、またチャレンジする精神力も大事になる。

その分、完璧なコースができた時には相当な達成感を感じられるはず。たかがゲームだけど、モノを作るという楽しさを感じられたら素晴らしいよね。

ワタシもユーチューバーの方々にプレイしてもらえるような面白いコースを作れるようになってみせる!と思う次第である。

スーパーマリオメーカー 2 -Switch (【早期購入者特典】Nintendo Switch タッチペン(スーパーマリオメーカー 2エディション) 同梱)

コメント