PS4で発売中のおすすめタイトル3選

PS4

どうも。土日の夜中はなんとしてもゲームを進めたい無知な私です。今回はちょっと古めですが今までやったPS4のタイトルの中でもテンションの上がった鉄板タイトルをご紹介したいと思います。

WITCHER3 ワイルドハント

ウィッチャー3 ワイルドハント

公式サイト

主人公のゲラルト(渋いおっさん)になって行方不明の少女を探すストーリーです。ゲラルトは普通の人間とは違うウィッチャーという怪物ハンターみたいな職業の人です。普通の人じゃないので色々と特殊な能力が使える強い人です。少女を探す途中の様々なクエストでの選択肢によって世界がなんとなく変わっていきます。

ハマったポイントは

  • 攻撃&回避のアクションが自然でカッコイイ
  • 戦闘がなかなか優しくない
  • ストーリーや人間関係や世界観が渋い

アクションがステキ

戦闘は派手さはなく、地味です。でも魅力的。剣での攻撃、回避、魔法を駆使した戦闘がリアリティーがあってとてもテンションが上がります。特に回避にはステップでクルッとかわす回避とモンハンみたいにローリングしての回避があるのですがステップでかわすタイミングを覚えると、もう達人レベルに強くなった気になれます。

魔法も地味。でも実際に魔法が使えるとしたらこんな感じだよね。と思える絶妙な感じが個人的には大好きです。

戦闘がやや難しい

慣れればそうでもないのかも知れませんがボス戦じゃなくてもたまにサクっとゲームオーバーになることも。でもそこもリアルさがあってとても好きなポイントです。

選択肢に悩む

メインクエストやサブクエストを進めるとプレーヤーの選択を迫られる場面が出てきます。正義感溢れる行動も悪役みたいなゲスな行動もできますが、良いことをしたからといってハッピーな結末になるとは限らないところがこのゲームの渋いところ。『あんな選択しなければこんなことには』みたいな展開が・・・リアル。

私は小学生の頃からドラクエ風の剣と盾を作っては振り回してアドレナリン全開で遊んでいました。そんな私と同様に「冒険大好き少年」の心を持った、でもオトナな冒険がしたい人に遊んでもらいたい、中世の剣士になりきれるオープンワールドなアクションRPGです。

GTA(グランド・セフト・オート)5

グランドセフトオート5

公式サイト

世界で1億本以上の売上を誇る、自由度が高くグラフィックもトップレベルなオープンワールドゲームです。3人の主人公を操作して銀行強盗やら車泥棒やらとにかく犯罪の限りを尽くして一攫千金を企てます。

ハマるポイントは

  • 広大なマップのどこへでも行ける!なんか見つかる!
  • やれること多すぎ
  • オンラインで新しい遊び方が見つかる

歩き回ってると何かが見つかる

こんなところにスゴイ車が!とか意外なところにいいアイテムが!とかなんか変なヤツが立ってる、怖い。とか。偶然の発見に作りてのクオリティが感じられます。

ゴルフやハンティングなどアクティビティ要素も豊富

他にもテニスやスカイダイビングなどさらっと流せるものからちょっとやり込みたくなるものまで本編を忘れるくらいハマれる娯楽要素も盛り沢山。よくこんなに詰め込んだものです。。。

オンラインで長く遊べそう

個人的にはオフラインでチビチビやるのが好きなのですがこのゲームのオンラインは楽しみ方が豊富なのでついついのめり込んでしまいました。みんなでワイワイ楽しむこともできますが、私は地味なイタズラで知らない人の車をパンクさせたりしてひたすら追いかけられる、みたいなちょっとショボいドキドキを味わうのが好きでした。

発売から何年も経っていますがオンラインコンテンツのアップデートなど楽しめる要素が膨大にあり、今からでも長時間楽しめそうです。

このシリーズはとにかく主人公を含めた登場人物たちの個性が強すぎてストーリー的には正直まったく共感できる部分はありません。遊ぶときのモチベーションとしては『ストレス発散したい』、『現実逃避したい』といった負のオーラを爆発させる目的を持ってプレイするととても楽しいんじゃないかなぁと思います。

METAL GEAR SOLID V: ファントムペイン

メタルギアソリッド5 ファントムペイン

公式サイト

主人公のスネークとなり広大なオープンワールドのマップ上の拠点の攻略や人物の救出などをミッション単位でこなしていくTPSです。ワンコや薄着の女性スナイパーなど、頼もしい仲間と連携しながらミッションをクリアしていくのが楽しい!

ハマるポイントは

  • オープンワールドでステルス
  • エロスナイパーがエロい
  • 仲間集めがやめられない

シームレスで始まるステルスミッション

今までのメタルギアソリッドシリーズはある程度『道筋』がありました。なので、ここは移動、ここからミッション、という区切りのようなものがあったのですが本作は初のオープンワールド。ミッションポイントまで自由に移動、ちょっと離れた場所から偵察、ミッション開始と自分なりに計画を立ててプレイできるところがワクワクするポイントでした。

なぜあそこまで薄着なのか

途中から仲間となるやり手の女性スナイパーも魅力的。胸にハンカチみたいな布一枚とボロボロのストッキングみたいなのを履いた怪我しやすそうな服装で一緒に戦ってくれます。なぜかじっくり鑑賞できるモードみたいなのもあって、作り手の変なサービス精神にも頭が下がります。

基地のメンバーも現地調達

スネークには重要ミッション後に帰る場所があります。基地です。広大な基地には初めは主要な人物しかいないのですが、途中から戦地で敵を捕縛して基地に送るというぶっ飛んだ方法で仲間集めが出来るようになります。敵は一人ひとりパラメーターが違っていて強力なパラメーターやスキルを持った敵を見つけると捕まえずにはいられない!となってしまいます。するとステルスでのミッションは難しくなったりしてハラハラするプレイが楽しめます。考えられてるね。

初代PS版のメタルギアソリッドからナンバリングタイトルは全てプレイしています。ステルスアクションゲームが好きというのもありますが、このシリーズは見せ方・遊ばせ方に毎回意外性があって、印象的すぎて何年たっても記憶から消えない場面が多々あります。今作はストーリーに賛否両論があるようですが基本的に話が小難しいので私はその辺はそんなに重要じゃないかな、という感じです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は1年以上前に発売されたタイトルばかりをご紹介しましたが、何年たっても忘れない名作ばかりです。プレイして何年も経ってから、またやりたいと思うって凄いことだと思いませんか?そして再プレイでまた新たな発見に感動、ということも多々あります。是非、プレイしていない時間も含めた長いスパンで遊んでみてはいかがでしょうか。ありがとうございました。それでは。

コメント